サービス

Trade Hub(トレードハブ)貿易書類特化型AI-OCR実務自動化クラウドサービス

貿易書類特化型AI-OCR実務自動化クラウドサービス

Trade Hub(トレードハブ)

貿易書類に特化したAI-OCR技術をコアに貿易書類を高精度にデータ化することで、実務担当者のアナログ業務をデータを活用したデジタル業務に変革します。
Trade Hubは船積書類をアップロードするだけで取引に関わる全ての情報を取引データ(取引情報、商品明細、諸掛まで)として高精度にデータ化、生成した取引データを活用しチェック業務からシステム入力業務まで、一連のプロセスを自動化できるクラウドサービスです。

Trade Hubのサービス概要

貿易業界では、手間のかかる業務が数多く存在しています。

紙書類ベースでのやり取りが多く、貿易実務に従事されているご担当者様は、英語、法令など専門性が高い中、締め切りに追われながらミスがないように貿易書類を作成、日々、書類のチェックやシステムへの手入力など、かなりのアナログ業務を期日厳守、高プレッシャーの中でされていることと思います。

このようなお困りごとありませんか?

  • 紙書類の繰り返しのチェック、システムへの入力作業が大変
  • 船積書類のOCR読み取りがうまくできない
  • 担当者毎、組織毎にやり方がバラバラで非効率なオペレーション
  • 貿易DXに取り組みたいが、なかなかすぐに取り組めることがわからない

「今すぐできる貿易DX」今困っている現場の貿易実務のデジタル化に取り組めるサービス

Trade Hubの特長

高精度な読取技術

貿易書類特化型AI-OCR技術で、複雑な船積書類の高精度なデータ化を実運用可能にします。

様々な書類に対応

B/L、S/I、INVOICE、P/L、A/N、C/A、C/O、輸出許可証等の様々な船積書類に対応しています。
取引に関わる全ての情報を取引データ(取引情報、商品明細、日程情報、諸掛費用)として生成します。

人的業務負荷を解決

Trade Hubは実務担当者の人的業務負荷を解決するためのサービスです。​他のシステムにのらない人的業務を吸収したうえで、そのシステムと連携します。​
Trade Hubで生成した取引データは社内システムやNACCS、サイバーポートへRPAやAPIを活用して自動でデータ連携。各プロセスで必要な貿易特有の書類整合チェックを自動化することで、入力ミスの削減や担当者の業務負荷を軽減します。

   

   

Trade Hub 活用によるメリット

少人数体制での貿易業務が可能に

  • 人的業務負荷の高かった手作業でのシステム登録作業が自動化されることで効率化を実現
  • 自動チェックの結果がNGだったものだけ確認・補正することでチェック業務負荷を軽減

 

貿易プロセスの組織をまたいだ業務標準化と可視化が可能に

  • 様々な船社からの船積書類をOCR読み取りしシステムへ自動連携することで煩雑な紙作業からの解放
  • ブラックボックス化されていた取引先ごとのチェックルールなどもシステム化することで誰もが実務を遂行
  • 個人で保有していた貿易実務のナレッジを組織全体で共有

 

サービスに関するお問い合わせ

資料ダウンロード お問い合わせ